無料でRestream.ioを使いながらFacebook Liveに放送するためのOBSの設定

概要

RTMPのストリームを分配してくれるRestream.ioはとても便利なサービスですが、Facebook Liveで使おうとすると、Custom RTMPをお金を払って利用することになります。

しかし、以下に述べる方法を使うと、Restream.ioの無料プランでできる放送と、Facebook Liveへの放送を、無料で、同時に同じ映像ソースから行うことができるようになります。

必要なソフトウェア

制約

この記事で説明する方法を使うと、放送内容をファイルに録画して保存することができません。

録画をファイルとしてローカルのパソコンに保存しなくてもよい場合に、この方法が使えます。

手順

(Restream.ioへの登録は完了しているものとし、OBS、Webブラウザはパソコンにインストールされているものとします。)

OBSに、Restream.ioの設定を入力します。

OBSの設定配信配信種別から、カスタムストリーミングサーバーを選び、URLとストリームキーに、Restream.ioで入手したRTMPのURLとストリームキーを入力します。

画像では、韓国、ソウルのサーバーを使用するよう設定しています。

ご自分の選択したサーバーの情報を入力してください。

obs_custom_streaming_server

次に、Webブラウザを起動し、Facebookにログインした状態で、Facebookページ投稿ツール動画ライブラリを開き、「ライブ動画を作成」をクリックします。

facebook_page_post_tool

そして出てくる画面で、Single FieldサーバーURLまたはストリームURLの値をコピーします。

facebook_page_live_video

続いてOBSの設定を開き、出力出力モード詳細にします。

obs_output_recording

ここで、「配信」タブと「音声」タブについては、Restream.ioに放送するための設定を入力します。

そして、「録画」タブで、種別を「カスタム出力(FFmpeg)」にし、FFmpegの出力の種類を「URLに出力」にします。

さらに、ファイルパスまたはURLの欄に、先ほどコピーしたFacebookのSingle FieldサーバーURLまたはストリームURLの値を貼り付けます。

その他の設定は、画像の通りに設定してみて試してください。

この、「録画」タブでの設定が、Facebook Liveの放送のための設定となります。

画像では映像ビットレートが1250になっていますが、これには特に根拠はありません。

お使いのインターネット回線の太さに応じて変えた方が良いかもしれません。

OBSのその他の設定項目では、Restream.ioに放送するための設定を入力します。

設定が終わったら、設定ウィンドウを「OK」ボタンで閉じ、OBSの「配信開始」ボタンと「録画開始」ボタンをクリックします。

obs_buttons

すると、OBSからRestream.ioとFacebookのサーバーにデータが送信されますので、Facebookページの「ライブ動画を作成」を開いているブラウザ画面に戻って、「次へ」をクリックします。

facebook_page_live_video

後は、動画タイトルなどを入力し、「ライブ配信を開始」ボタンをクリックすれば、Facebook Liveの放送が始まります。

そしてRestream.ioのほうも放送が開始しているはずです。

 

広告

Skypeの通話をPeriscope Producerで放送するためのMacのオーディオ関連の設定

お詫びと訂正

公開当初のこの記事の内容は、間違っていました。

2017年3月1日に加筆、訂正いたしました。

ご不便をおかけして、申し訳ありませんでした。

概要

この記事では、Skypeの通話をPeriscope Producerで放送するための、Macでの内蔵オーディオ関連の設定について説明します。

注意

この方法は、Macの内蔵オーディオを使うことが前提となっています。ループバック機能のついたオーディオインターフェースをお使いの場合は、この記事で説明する手順は不要です。

必要なもの

  • Mac
  • Mixlrデスクトップアプリ
  • Skype
  • OBS
  • ヘッドフォン

手順

まず、MacにMixlrのデスクトップアプリをインストールします。

Mixlrの無料プランでOKですので、ユーザー登録して、アプリをダウンロードし、Macにインストールしてください。

次に、MacのLaunchpadからその他の中にある、Audio MIDI設定を開きます。

mac_sonota

mac_audio_midi

Audio MIDI設定を開くと、オーディオ装置のウィンドウが開きます。

もし開かない場合は、Audio MIDI設定の ウィンドウメニュー>オーディオ装置を表示 を選んでオーディオ装置のウィンドウを開いてください。

次に、オーディオ装置ウィンドウ左下にある+ボタンをクリックして、「複数出力装置を作成」を選んでください。

audio_souchi

menu_fukusu

そうすると、オーディオ装置の中に、複数出力装置ができます。

それをクリックして、下の画面のように設定してください。

audio_midi_settings_multiple_output_device

ポイントは、Mixlr AudioLinkの使用のみにチェックを入れるということです。

さらに、もう一つ複数出力装置を作成します。今回は、Mixlr AudioLinkと内蔵出力の使用にチェックを入れて、先に作成した複数出力装置と区別できるように、名前を複数出力装置2とします。

audio_midi_settings_multiple_output_device2

それが終わったら、Audio MIDI設定は終了してかまいません。

次に、システム環境設定のサウンドを開きます。

mac_system_settings

サウンドの入力をMixlr AudioLinkに設定します。

system_sound_settings_input

サウンドの出力を、複数出力装置2に設定します。

system_sound_settings_multiout2

これで、サウンド環境設定は閉じてかまいません。

次に、Skypeを起動します。

Skypeの設定から音声/ビデオを開き、下の画面のように設定します。

ポイントは、スピーカーを複数出力装置2にすることです。

skype_audio_video_settings_multiout2

Skypeの設定は以上です。

次に、Mixlrデスクトップアプリを起動し、アプリでログインします。

Mixlrのマイク入力(MIC)を、内蔵マイク(Built-in Mic)にし、ANY INPUTをMixlr AudioLinkにします。下の画面のようにします。

mixlr_app_inputs

次に、MixlrのMonitoringのメニューを開き、Micのみにチェックを入れ、Select output device:のところは複数出力装置を選びます。下の画面のようにします。

mixlr_monitoring_settings

そして、ここがポイントなのですが、Mixlrアプリは起動したままにしておきます。

Mixlrアプリの赤いStartボタンをうっかり押してしまうと、Mixlrでの放送が始まってしまうので、それが心配な方は、Mixlrアプリを最小化しておくとよいでしょう。

次に、OBSを起動します。

OBSのマイクの歯車ボタンをクリックし、出てくるメニューから、プロパティを選びます。

obs_microphone_menu

すると、’マイク’のプロパティのウィンドウが出てきます。

そこでデバイスをMixlr AudioLinkに設定し、OKで閉じます。

obs_microphone_property

設定は以上です。

その他の設定については、次のYouTube動画を参考にしてください。

Periscope ProducerのためのOBSの設定

放送を開始する前に、ヘッドフォンを接続して、内蔵スピーカーから音が出ないようにしてください。

問題点

この記事で説明した、Mixlr AudioLinkを使ってMacで鳴っている音を放送に乗せる方法には一つ難点があります。それは、ヘッドフォンから聞こえてくる自分の声が、若干遅れて聞こえてくるということです。オーディオのレイテンシーが若干あるようです。

Rogue AmoebaのLoopbackというソフトがありますが、試したことがないのでレイテンシーの問題がどうなるかは分かりません。

 

Periscope ProducerのためのLive:Air Soloの設定

iOSデバイスでLive:Air Soloというアプリを使うと、Periscopeアプリ単体で放送するよりもきれいな画質で放送することができます。

以下に、そのための設定を説明します。

[追記]必要なものは以下の通りです。

  • Live:Air SoloをインストールしたiOSデバイス1台(iPhoneまたはiPad。)
  • 上とは別に、Periscopeをインストールしたスマホまたはタブレット1台(こちらは、iOSでもAndroidでもできるようになりました。)

liveairsoloicon

これが、Live:Air Soloのアプリのアイコンです。


liveairsoloallowcameraliveairsoloallowmicrophoneliveairsoloallowphotos

アプリを起動すると、各種機能へのアクセスを求める画面が出ますので、許可してください。

位置情報については、必要に応じて許可か許可しないを選んでください。


liveairsolocustomrtmp

次に、Select Your Destinationという画面が出ます。

ここでは、CUSTOM RTMPをタップしてください。


liveairsolortmpserver

次の画面Login to your accountでは、Periscopeアプリの設定>ソースの高度な設定の画面に出てくる、サーバーのリンク、ストリーム名の情報を入力します。

URLの欄にサーバーのリンクを、Streamの欄にストリーム名を入力し、User AgentはFMLEをタップして選択したら、Add RTMPというボタンをタップします。

(User Agentは、Teradeckでもいけるかもしれませんが、試していません。)


liveairsolotapgear

すると、上のような画面になると思います。上のようになっていない場合は、画面を下にスワイプして、上のような画面を出してください。

そうしたら、左上の歯車ボタンをタップします。


liveairsolotapencodersettings

すると上のようなSettings画面が出てきます。

ここで、Encoder Settingsをタップしてください。


liveairsolotapmanual

Encoder Settingsの画面に移ったら、Manualをタップします。


liveairsolotapresolution

次に、Resolutionをタップします。


liveairsolo540p

Resolutionでは、540pを選択します。


liveairsolotapbitrate

次に、Bitrateをタップします。


liveairsolo750kbps

Periscopeの指示によると、800Kbpsで良さそうですが、そうすると、放送した時の実際の値が少しオーバーしてしまうようなので、ここでは、余裕を持たせる意味で、750Kbpsをタップして選択します。


liveairsolotapframerate

次に、Framerateが30fpsになっていない場合、Framerateをタップします。


liveairsolo30fps

30fpsをタップして選択します。


liveairsolotapkeyframeinterval

次に、Key Frame Intervalが2sになっていない場合、Key Frame Intervalをタップします。


liveairsolokeyframe2

2.0sをタップして選択します。


liveairsoloaddnewsource

設定をDoneで閉じたら、画面を右にスワイプして、上のような画面を出し、Add New Sourceをタップします。


liveairsoloioscamera

iOS Cameraをタップします。


liveairsolotapcamera

次に、カメラのプレビューをタップします。これでiOSデバイスのカメラが映像のソースになります。


liveairsolotapclear

次に、画面を左にスワイプして、上のような画面を出し、Clearをタップします。これで、画面に表示されているオーバーレイ(上の画面では説明文)が消えます。


liveairsolotapspeaker

次に、画面を上にスワイプして、上のような画面を出します。

Mutedと表示されている時は、マイクの音がミュートされています。

その時は、スピーカーのボタンをタップします。これでミュートが解除されます。

この時、ハウリングが生じる場合は、iOSデバイスの音量(ボリューム)を下げてください。


ここまで終わったら、画面を下にスワイプして、右上の赤いGo Liveをタップすると、iOSからPeriscopeのサーバーへ映像と音声の送出が開始されます。

そうしたら、もう一台のスマホでPeriscopeのアプリを開き、設定>ソースの高度な設定の画面から、プレビューを表示させます。

これで放送を開始できる状態になります。

タイトルを入れて、放送を開始してみましょう。