無料でRestream.ioを使いながらFacebook Liveに放送するためのOBSの設定

概要

RTMPのストリームを分配してくれるRestream.ioはとても便利なサービスですが、Facebook Liveで使おうとすると、Custom RTMPをお金を払って利用することになります。

しかし、以下に述べる方法を使うと、Restream.ioの無料プランでできる放送と、Facebook Liveへの放送を、無料で、同時に同じ映像ソースから行うことができるようになります。

必要なソフトウェア

制約

この記事で説明する方法を使うと、放送内容をファイルに録画して保存することができません。

録画をファイルとしてローカルのパソコンに保存しなくてもよい場合に、この方法が使えます。

手順

(Restream.ioへの登録は完了しているものとし、OBS、Webブラウザはパソコンにインストールされているものとします。)

OBSに、Restream.ioの設定を入力します。

OBSの設定配信配信種別から、カスタムストリーミングサーバーを選び、URLとストリームキーに、Restream.ioで入手したRTMPのURLとストリームキーを入力します。

画像では、韓国、ソウルのサーバーを使用するよう設定しています。

ご自分の選択したサーバーの情報を入力してください。

obs_custom_streaming_server

次に、Webブラウザを起動し、Facebookにログインした状態で、Facebookページ投稿ツール動画ライブラリを開き、「ライブ動画を作成」をクリックします。

facebook_page_post_tool

そして出てくる画面で、Single FieldサーバーURLまたはストリームURLの値をコピーします。

facebook_page_live_video

続いてOBSの設定を開き、出力出力モード詳細にします。

obs_output_recording

ここで、「配信」タブと「音声」タブについては、Restream.ioに放送するための設定を入力します。

そして、「録画」タブで、種別を「カスタム出力(FFmpeg)」にし、FFmpegの出力の種類を「URLに出力」にします。

さらに、ファイルパスまたはURLの欄に、先ほどコピーしたFacebookのSingle FieldサーバーURLまたはストリームURLの値を貼り付けます。

その他の設定は、画像の通りに設定してみて試してください。

この、「録画」タブでの設定が、Facebook Liveの放送のための設定となります。

画像では映像ビットレートが1250になっていますが、これには特に根拠はありません。

お使いのインターネット回線の太さに応じて変えた方が良いかもしれません。

OBSのその他の設定項目では、Restream.ioに放送するための設定を入力します。

設定が終わったら、設定ウィンドウを「OK」ボタンで閉じ、OBSの「配信開始」ボタンと「録画開始」ボタンをクリックします。

obs_buttons

すると、OBSからRestream.ioとFacebookのサーバーにデータが送信されますので、Facebookページの「ライブ動画を作成」を開いているブラウザ画面に戻って、「次へ」をクリックします。

facebook_page_live_video

後は、動画タイトルなどを入力し、「ライブ配信を開始」ボタンをクリックすれば、Facebook Liveの放送が始まります。

そしてRestream.ioのほうも放送が開始しているはずです。

 

広告