Maroon 5, “She Will Be Loved”

久しぶりにMaroon 5の”This Love”を聞く機会があり、その曲が入っているアルバム、”Songs About Jane”の曲を改めてYouTubeで楽しんだ。

その中でも、”She Will Be Loved”のビデオは良かった。

ビデオでは、若いカップルが出てくる。

カップルの女性の方の母親とその夫も出てくる。

若いカップルは仲良くやっているように見える。

しかし、母親夫婦のほうはうまくいっていない。

おとっつぁんは妻をかまってあげず、ずっと新聞を読んでばかりである。

母親が夫から愛情を受けられないという、かわいそうな母親。

そして、若いカップルの男の方が、若い恋人と付き合うだけでなく、その母親にも想いを寄せている。

母親の方も、自分の娘が付き合っている相手の若い男に、興味を持っている。

母親が夫からぶたれるシーンが出てくる。

しかし、ぶつ瞬間は映っておらず、ぶった瞬間のすぐ後からの映像になっていて、それでも、見た者はすぐにぶったシーンだとわかるような作りになっている。

この辺りは、ミュージックビデオだからなのか、うまく編集されていると感心した。

曲のタイトル、”She Will Be Loved”が意味することは、何なんだろう。

こんなに夫からつらく当たられ続けているけれども、それでも彼女はいつか愛されるよという意味なのだろうか。

それとも、彼女というのは娘のほうを指しているのだろうか。

などと考えてから検索すると、「およげ!対訳くん」というブログに、歌詞全部の日本語訳と解説があった。

その解説によると、歌詞の中で同一人物の人称(you, she)を使い分けるというのがあり、大変勉強になった。

およげ!対訳くん: She Will Be Loved マルーン 5 (Maroon 5)

Maroon 5 – She Will Be Loved

http://www.youtube.com/watch?v=nIjVuRTm-dc

広告